偏頭痛には様々な原因がある~頭痛改善術~

突然痛み出す頭痛の対策

3人の女性

生活の見直しが大切

偏頭痛は、頭の片側だけ痛みがでる場合と、両方のこめかみのあたりが痛くなる場合の二つがあります。原因は様々ですが、日常生活の過度な仕事のストレスや悩みなどが原因で起こることが多いです。責任のある仕事やいつも以上に緊張することが重なることによって脳の血管が収縮していた物が拡張して頭痛発作が起こると言われています。自分がどんな時に、偏頭痛を起こしやすいのか、どんなストレスが原因で偏頭痛が起きやすいのかなど、自分の生活の中で原因を知ることが、偏頭痛を予防する為に大切です。空腹や寝不足など、逆に休日の寝過ぎも偏頭痛を起こしやすい原因と言われています。思い当たる時は、規則正しい生活を心がけるだけで偏頭痛の起こる頻度を減らせることができます。また、光に敏感に反応する人もいますので、外の強い日差しを浴びたり、騒音などでもストレスで頭痛が誘発されることがあります。サングラスをかけて外出するなど、予防をして人込みに行くのもなるべく避けた行動を心がけて下さい。

トリプタン系の薬が有効

偏頭痛が、頻繁に起こって生活に支障が出ている人や、市販の鎮痛剤では効果が期待できない人は、専門家にかかって治療をして下さい。偏頭痛は、トリプタン系薬剤の治療が効果を期待できる治療法なので、一度病院を受診して薬物治療を受けるのも改善の方法のひとつです。痛みは、一度起きると短くても2時間くらい、長いと72時間も持続すると言われています。長い間、痛みを我慢しながらの生活は、それだけでストレスも原因になりますから、ますます偏頭痛の回数が増えて悪循環に陥りやすくなってしまいます。トリプタン系の薬剤は、偏頭痛がこれから起こりそうな初期の症状を感じた時に服用するのが一番良いタイミングなので、自分の偏頭痛を起こしそうな前触れの症状や状況を把握しておくと、薬物治療の効果が期待できます。専門家の先生に相談すると、薬の飲み方のアドバイスや日常生活での気をつける点など丁寧に教えてくれますので、あまり症状がつらい時には、無理せず病院に相談して下さい。また、市販のお薬でも自分の痛みに合うものと合わない物がありますので、根気よく自分に合う薬を試してみるのも必要です。