偏頭痛には様々な原因がある~頭痛改善術~

頭が痛い時は

医者

頭痛の種類もいろいろ

ストレス社会といわれる現代において頭痛は私たちの身近な病気の1つです。ひとくちに頭痛といっても様々な種類があります。代表的なのは偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛ですが中でも多いのが偏頭痛です。日本人の約8%が悩まされており、特に女性に多いといわれています。原因ははっきり分かっていませんが、ストレスと女性ホルモンが関係していることは確かです。偏頭痛は脳の血管が何らかの原因で過度に拡張し炎症をおこすことで痛みが発生します。脳の血管が拡張するとセロトニンが放出され血管を収縮させます。しかし時間の経過とともにセロトニンが減少し再び血管が拡張する際、炎症をおこす神経伝達物質もいっしょに放出されてしまいます。同時に顔の筋肉である三叉神経も刺激され、偏頭痛を引き起こすとされています。痛みは頭の片側、または両側に発生し脈打つようにズキン、ズキンと激しいのが特徴です。いったん痛み出すと仕事や家事が手につかなくなるくらいひどく、動けなくなります。偏頭痛は前兆がある場合も多いです。目の前がちかちかする、視界の一部がぼやけるなど光に対する感覚がおかしくなります。その他に音や匂いに対する感覚過敏があったり、手足がしびれるなどの症状が出る人もいます。

冷やして安静が一番

では偏頭痛になった時にはどう対処したらいいのでしょうか。あまりに痛みがひどい場合には薬を飲みますが普段のちょっとした工夫で痛みを和らげることができます。そもそも偏頭痛の原因は脳の血管の過度な拡張なのですから対処法はまず冷やすことです。痛む部分や首のまわりなどを冷やして血管を収縮させましょう。間違っても温かくしてはいけません。炎症が広がりかえって痛みが増すだけです。それから特定のものを摂取すると偏頭痛が起こる場合があります。赤ワイン、チョコチーズなどは痛みを誘発することがあるのでなるべく控えましょう。暗い部屋でゆっくり休むのも効果的です。光や音に対する感覚が過敏になっているのでまぶしい所や刺激を受けそうな場所を避けて安静にします。また頭にはちまきを巻くと血管が圧迫されるので痛みを和らげることができます。薬を飲むときはトリプタン系のものが偏頭痛にはよく効きます。ただし薬の飲みすぎは依存症を引き起こしたりするので禁物です。もし、月10回以上薬を飲むようなら医者に行ってきちんと診察してもらいましょう。こうした場合、ただの頭痛ではなく重大な病気が潜んでいる可能性もあるため、専門医の精密検査を受けることが重要です。頭痛外来といった頭痛専門の外来を設けている病院もありますので、自宅近くにあれば受診してみるとよいでしょう。検査の結果、重大な病気ではなくとも、適切な治療方法をアドバイスしてもらえるはずです。その他自分でできる対処法としては、普段の生活では原因となるストレスをためないよう心がけましょう。また、適度な睡眠や運動とバランスの良い食事をとることでも偏頭痛の予防になります。