偏頭痛には様々な原因がある~頭痛改善術~

頭の痛みを緩和するには

笑顔の男性

起きる症状が違う

偏頭痛とは、こめかみの部分が痛くなる頭痛のことです。主に片方のこめかみが痛くなる場合が多いですが、人によっては両方のこめかみが痛むことがあります。偏頭痛によって起こる症状や場所に個人差があるため、一概には言えないのが偏頭痛の特徴です。また、偏頭痛が起こる原因についても一つということはなく、複数の要因が重なって起こる場合が多いと言われており、過度のストレスを感じた時や、気圧の変化によって偏頭痛が起こる場合があります。気圧の変化によって起きる場合、頭痛の原因を特定するのにも時間がかかってしまいます。また、最近多いとされているのがスマートフォンやパソコンを長時間使用することによる偏頭痛です。これらは長時間同じ姿勢を保っていることと、目を酷使することが偏頭痛を起こす原因とされています。特に子供の場合は、スマートフォンやパソコンに夢中になりすぎて、休まずに使用し続けてしまうことがあります。スマートフォンやパソコンは1時間使用したら30分は休むようにすることが大切です。

症状を緩和するには

偏頭痛が起きた場合、頭痛以外に体にも症状が出ることがあります。特に胃がもたれてしまったり、胃がむかむかする人が多く、これらは頭痛が起きる前後に起きたり、頭痛と一緒に起こることがあります。また、偏頭痛が起きる前に、急に光をまぶしく感じることがあります。これらは時間が経つとおさまりますが、症状が重たい人は話をすることも困難な状態になってしまいます。偏頭痛は一度起きてしまうと、激しい痛みが長時間続いてしまったり、ひどい人では動くのも難しい状態になってしまいます。偏頭痛になってしまった場合は、市販の鎮痛剤を服用する人が多いですが、偏頭痛の種類によってはこれらが効かない場合もあります。そういった場合は、専門のお医者さんに診てもらうことが大切です。また、薬を飲むのが苦手な人は、生薬で出来た漢方薬を処方してもらうのが良いでしょう。これらは効果が出るのに時間がかかりますが、漢方薬によって体質が改善されるため、偏頭痛が原因で起きていた症状も徐々に緩和されます。