偏頭痛には様々な原因がある~頭痛改善術~

頭が痛い時は

医者

偏頭痛は日本人の8%が悩んでおり女性に多い頭痛です。頭の片側もしくは両側でズキンズキンと脈打つような激しい痛みが特徴で、光や音に対する感覚が過敏になります。脳の血管の過度な拡張が原因なので、まずは冷やすことと暗い部屋で安静にすることが大事です。ストレスをためない規則正しい生活をして予防しましょう。

More Detail

頭痛に関する対処法

ウーマン

偏頭痛は、欠陥が拡大することが原因となって起こる頭痛の一種です。薬の摂取や、患部を冷やすこと、またはカフェインを摂取することなど、血管を収縮させられるような対処法を取ることで、症状を改善させることが出来ます。

More Detail

突然痛み出す頭痛の対策

3人の女性

偏頭痛が起こりやすい状況は、人それぞれ違いますので、自分の身体に耳を傾けて偏頭痛を起こしやすい原因を知ることが、重要です。市販のお薬では、対処できない場合や痛みが長く頻繁に訪れて、日常生活に支障をきたしている場合は、早めに専門家に相談して下さい。

More Detail

生活習慣を見直し改善

背伸びする女性

偏頭痛の原因は、セロトニンの分泌にあります。セロトニンにより収縮した血管が、セロトニン分解により急激に拡張することが偏頭痛となる原因です。ストレスや疲労、ホルモンバランスの乱れがセロトニンの分泌を促すため、生活習慣を見直すことが重要です。

More Detail

前兆が出たらすぐに対処

悩む男性

前兆ですぐに対処

何かの病気が原因ではない限り、偏頭痛の直接的原因ははっきりとはわかりません。念のため脳神経外科で検査を受けて、他の病気が疑われなければ、命にかかわる病気ではないので偏頭痛とうまく付き合っていかなければなりません。偏頭痛には目にギラギラした光を感じる前兆を伴う典型的偏頭痛と、特に前兆のない普通型偏頭痛があります。普通型偏頭痛であっても、疲労感や胃腸の不快感がでたり、本人にしか分からないなんとなく痛みが来そうだといった感覚を感じることがあります。前兆を感じたら、体を休ませて、頭を冷やしたり、医師に処方された薬または市販の鎮静剤を飲むようにしてください。無理をして体を動かすとより痛みが増大します。原因がわからないため、いつ発生するかわからない偏頭痛の痛みのために常に薬は携帯するようにしてください。偏頭痛は30代の女性に多く、年齢とともに自然に症状が治まってくることが多い痛みです。あまり考え過ぎるとストレスが原因になっていることもあるので極力気にしないようにすることも予防になります。

薬の種類

偏頭痛は痛みを抑えることが唯一の治療方法になり、基本は薬を使った治療になります。使用する薬は痛みを軽減する鎮痛剤と医師の処方箋が必要なトリプタン系薬剤が基本になります。鎮痛剤はすでに起きている炎症を抑えることが主な役割なのに対して、トリプタン系薬剤は痛みの原因になっている拡張した脳の血管と三叉神経に作用して痛みを根本から抑える治療薬です。トリプタン系薬剤を上手に使えば、30分程度で効果が出ていて普通であれば最低でも数時間は続く痛みを抑えることができます。市販の鎮痛剤を使用するときは、効果と副作用、それに胃への負担を考えて服用する薬を決めて下さい。昔からある成分のアセトアミノフェンは副作用が少なく胃への負担も小さいですが、効き目が低いと言われています。こちらも昔からあるアスピリンは効果は強いものの副作用や胃への負担の多い薬です。近年では新たに認められた成分のイブプロフェンとロキソプロフェンが入った市販薬もあります。即効性があったり、効果の割には副作用の少ない薬です。

頭の痛みを緩和するには

笑顔の男性

偏頭痛はこめかみの部分が痛む頭痛のことですが、起きる原因は人それぞれ違います。最近では、パソコンを長時間使用し続けることで偏頭痛を起こす人が増えてきています。市販の鎮痛剤が効かない人もいるため、そういった場合は専門のお医者さんに診てもらうことが大切です。

More Detail